里山の田舎に癒され楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家ボタン1

続きを読む
スポンサーサイト

今年 2度目のソバ打ちを開きました。

2/26
1月にはTNCテレビ局の人達が突然来られました、又1回目のソバ打ちを開きました。
今年 2度目のソバ打ちを開きました。
初めての人と過去何回か経験のある人との混合で行いました。
我が家へ直接案内したので、初めての人は道に迷われ、近くまで迎えに行きました。
皆さんが揃われるまで30分もありません。
私は囲炉裏に火を起こし、松崎さんはご飯の炊ける準備をします。家内は家内で忙しそうにしています。


IMG_2280_convert_20150226154959.jpg

IMG_2281_convert_20150226155158.jpg

IMG_2283_convert_20150226155358.jpg

IMG_2287_convert_20150226155556.jpg

IMG_2288_convert_20150226155651.jpg

IMG_2292_convert_20150226155910.jpg

IMG_2294_convert_20150226160227.jpg

IMG_2296_convert_20150226160322.jpg


日本山岳会の人々が13日の夕方「中屋」に宿泊した。

12/17
  12月13日から14日に掛けて日本山岳会のメンバーが「中屋」に泊まられた。
13日は朝から小雪がちらつく日でしたが、万倉の城南の山に登られて「中屋」に到着されました。
午後4時頃でした。荷物を下ろし、囲炉裏でくつろいで居られると次から次とメンバーの方々がやって来られました。
刺身が届いた。メンバーの一人が「ハッボウ スチロール」に詰めた刺身、他の一人は酒、女性は朝食の食材等を持ち込まれました。 
  囲炉裏の火は昼前から燃やし続けておりましたので、「おき」も十分できており後は炭を「くべる」だけです。 
メンバーも全員揃い 6時前頃囲炉裏に炭をくべた。
  風呂は大きいので沸きにくく、3時頃からボイラーに火を入れ沸かし始めました。 
  イノシシ肉は 焼き肉用に5皿と鍋料理を用意しておきました。その他サザエの壺焼き用に用意しました。
  一通りの説明をして私達は阿知須へ帰った。

IMG_2252_convert_20141216082017.jpg

IMG_2254_convert_20141216082108.jpg

IMG_2259_convert_20141216082436.jpg

IMG_2263_convert_20141216082652.jpg

IMG_2264_convert_20141216082743.jpg

IMG_2268_convert_20141216082954.jpg

IMG_2275_convert_20141216083314.jpg

徳永先生の指導で「豆腐作り、と柚子ジャム作り」を企画しました。

12/16
 12/3、12/10に徳永先生の指導で豆腐作りと柚子ジャム作りをしました。
豆腐作りは材料の大豆から私が作ったもので、全く混ざりけはありません。
徳永先生の指導が良いので、美味しい天然の豆腐が出来上がりました。

① 大豆を 水洗いして 一晩 水に浸けておく。(約3倍の水)
② 大豆を おたまで すくい ミキサーに入れ 水1Cを入れて ミキサーで約1分間かきまぜる。
  ミキサーの中の汁を 中鍋にうつす。 
一晩水に浸した大豆をミキサーに掛けているところ
IMG_2229_convert_20141117191154.jpg   A

一晩水に浸した大豆を別の鍋に移している
IMG_2230_convert_20141117190950.jpg   B

IMG_2233_convert_20141117191330.jpg   C 

③ 鍋を強火にかけ時々おたまで混ぜる。沸騰したら弱火にして「さし水」をし、もう1回沸騰したら「さし水」をする。
IMG_2236_convert_20141117191632.jpg   D

④ 大ボウル 大ザルに 濾し布をのせて 小ひしゃくで すくって入れる。
   木しゃもじで押さえたあと 布ごと絞る。 
   濾した液が「豆乳」で 布に残ったものが「おから」です。
IMG_2238_convert_20141117191817.jpg   E

IMG_2238_convert_20141117191817.jpg   F

中鍋で沸かした大豆を布袋に移しているところ
IMG_2234_convert_20141117191438.jpg   G

⑤ 豆乳の温度を測る。70℃が適温です。
  「にがり」を 大さじ一杯 木しゃもじぞいに たらして混ぜる。
  2~3回混ぜたら 動かさずに 10分位おく。
にがりを入れているところ
IMG_2241_convert_20141216081126.jpg    H

IMG_2243_convert_20141117192341.jpg    I

⑥ 透明な液と、凝固したものに分かれてきたら 穴をあけた牛乳パックに クックアップペーパー 又は布を敷いたものの中に おたまで すくって入れる。
牛乳パックに布を敷いているところ
IMG_2240_convert_20141117191904.jpg     J

⑦ ぺ-パーで フタをしたあと、上に重石(ペットボトルに水を入れたもの)を置いて10~15分 待つ
⑧ きれいな 水にさらすと 出来上がり。
IMG_2245_convert_20141117192433.jpg     K
   
IMG_2247_convert_20141216081515.jpg     L

IMG_2249_convert_20141117192735.jpg     M

ジャム作りも徳永先生は自然を大切にする人で、柚子を丸ごと全部つかいました。
柚子の種は、種だけ取り出して25%の焼酎に浸けておくと「ぬる」とした良い化粧水になるそうです。
中の「わた」はカッターに掛けてジャムの中へ入れます。
皮はスライスして「わた」と一緒に煮込みます。

この日はカメラを忘れて来たので写真はありません。


県職員の本田同好会(仮称)が荒滝山に登りました。

11/8~9日
 11/11 県職員の若いメンバーが荒滝山に山登りをしました。
 最初に日ノ岳から登り荒滝山に行って昼食を取り下山をしましたが、途中で迷われたそうで、「中屋」に着いたのは4時頃でした。
 風呂を沸かしておいたので、お風呂に入る人と買い物に行く人とに分かれました。
 6時頃に皆が揃いこれから宴会の始まりです。
 食材はイノシシの鍋とバーベキュウです。それに釜で炊いたご飯。
 次の日、9時頃に私達が帰ってみると揃って朝ご飯を食べておられました。
 囲炉裏に火が無いので、火を起こし焼き芋をして私達をまじえ昼まで過ごしました。

IMG_2219_convert_20141111183849.jpg

IMG_2221_convert_20141111184028.jpg

IMG_2223_convert_20141111184145.jpg

IMG_2225_convert_20141111184243.jpg

IMG_2227_convert_20141111184541.jpg

プロフィール

吉部のまさちゃん

Author:吉部のまさちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。